バックインナープロテクターの通販価格を比較し「1つだけ」厳選紹介です

やはりハードだから安心感があって良かったです。コミネのプロテクトライディングメッシュパーカーにと購入です。本来!LサイズジャケットにはMサイズが適しているようですが!レビューを見てLサイズを購入。

コチラですっ!

2017年01月23日 ランキング上位商品↑

バックインナープロテクターコミネ SK-679 <Lサイズ(シェル5枚)> CEバックインナープロテクター KOMINE 04-679 CE Back Inner Protector B

詳しくはこちら b y 楽 天

Amazonならこちら

万が一の時の保険です。Lサイズはプレートが上から下まで隙間なくついているのでMサイズよりも安心感があるのも都合が良いと考えました。Lサイズのジャケットですが問題なく使えています。もちろん!XLのジャケットにも使えます。ジャケット付属のソフトパッドでは不安だったので購入しました。サイズはピッタリです。クシタニシングルライダースMサイズです。夏用メッシユジャケットに装着です。別のジャケット用にもう1点追加注文しました。コミネのXLのジャケットにつけました。標準のウレタンパッドと入れ替えました。そこで、別売りのハードタイプのプロテクターを購入しようと思ったのですが、メーカーのウェブサイトを見たところ、XLサイズのジャケットにはLサイズのプロテクター、LサイズのジャケットにはMサイズのプロテクターを使うように指定されており悩みました。問題なく取り付けることができました。JK087のXLを購入して!皆さんのレビューを見て私も安全対策向上の為!Lを購入。安心を+1upしたと思います。ソフトタイプから変更したので、背中がもっこりしますが、安全優先です。プラスチックの板を取り付けているプラスチックのピンの背中にあたるところがSK-479は表面の突起の処理が薄い隙間テープみたいなのが貼ってあるだけなので痛かったが!こちらはもう少ししっかりした発泡ウレタン?のテープが接着剤で貼り付けてあるので痛くなりにくい。少し、思っていたのより小さいですが、頑丈そうなのでよかったです。メンズ用とレディース用にそれぞれ1サイズ変えて購入です。安心感増大でいつも使ってます。両端を折り曲げてポケットに挿入しますが、入口の幅はギリギリなので余り頻繁に脱着しようとは思えませんでした。サイズはピッタリです。MサイズとLサイズの違いはプラスチックの板の枚数だけでスポンジ部分の大きさは共通の様です。CE規格でこの値段なら!かなりお得ですね。コミネのLサイズのジャケットはたしかMサイズのプロテクター指定のはずでしたがLサイズを購入しました。既に購入済みのコミネのXLサイズのジャケットにLサイズのプロテクターをセットしました。コミネJK570Lサイズ用に購入しました。コミネ JK-086 ライディングメッシュジャケットライト のXLとLを持っています。ソフトタイプは、背中だけ熱がこもる感じがありましたが、これでそれも解消できると思います。しかし、プロテクターのベースになるパッド部分の大きさが同じに見えるので、Lサイズのプロテクターを買って使い回そうと考えました。コミネのXLサイズのジャケットにLサイズのプロテクターをセットしました。純正なのでピッタリです。従来のプロテクターよりかなり安心感が増しました。プロテクターのサイドをやや折って背中に入れると簡単にセットできました。これだけだと何ともレビューしにくいですが!あると安心なので買って損はないと思います。違和感なく安心感倍増。もともとのが、スポンジだったので、いれかえました。装着に問題有りません。もっと早く買えば良かった!窮屈ではなくベストです以前のCE規格対応でないSK-479からの改良点はプラスチックの板の下に入っている芯材がSK-479は周りのスポンジと同じ物が縫い付けてあるのに対してこちらはしっかりした発泡ウレタンの芯材が挟み込んであり!安心感UP。着心地は悪くなりますが安全にはかえられません。夏用のメッシュジャケット(コミネJK-100)標準の背中のパッド交換で購入。このジャケットはプロテクターが全部ついているのですが、背中のプロテクターだけがソフトタイプで頼りない印象があります。安心には代えられないものがあります。少しだけ大きいですが!許容範囲です。結果!LサイズのジャケットにLサイズのプロテクターを使っても問題ない事がわかりました。。